<   2008年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

春の背中

今日はやっと重い腰をあげてマユミホ更新。なんだか3ヶ月近くほったらかしで、更新がおっくうになっていたんだけど、やり終えると、心地よい達成感。こうした小さい達成を積み重ねて行く事が大事なのかもしれないな。

キセルのニューアルバム、毎日聴いている。「手紙」「春の背中」「君の犬」「ビューティフルデイ」がお気に入り。

最近部屋を片づけて、気持ちが良い。空気が澄んでいる。
きれいにすると、ここはこうしようとか、こうしたらもっといいな。っていうのが見えてきて、前向きになれる。
[PR]
by kuu_so_pot | 2008-01-30 22:39

雑記

私の将来、どうなるんだろう…
って思うよね。特にどうやってお金を稼いでいけばいいのか。本当にこれ切実。好きなこともしつつ、働きつつ、バランスを取るのって、難しい。あーぁ、まぁ考えても仕方ない。とにかく今、今日をいい日にするようにしなくちゃな。
きっと、色々なことがあるけど、そんな時に救われるのって、友達や家族の存在なのかも。人間関係で悩むんだけど、結局人間に救われるんだよなー。


「イブラヒムおじさんとコーランの花たち」という映画を観た。いやーいい映画だった。イブラヒムおじさんが、ほんとに素敵なんだ。名言だらけ。
あと、クレールの刺繍の、ローラ・ネマルクが出ていて、やっぱり魅力的だった。すっかり私はこの女優さんのファンになったな。日本には、あんなに少女っぽさとセクシーさと、クールさと素朴さが入り混じった女の子は居ないと思う。表情がいい。リタ・アッカーマンの絵に出てくる女の子みたい。

さて、今日も一日楽しくしよう。今は積み重ね積み重ね。
[PR]
by kuu_so_pot | 2008-01-25 10:42

女は可愛く潔く

相手を信じるって、なかなか腹をくくらないとできないことだと思う。
それが恋ならなおさら。だって裏切られたらショックだものね。
川上弘美の小説に出て来た台詞。恋や男の子に対して、臆病になってる女の子へ伯母さんが言った言葉

「信じられる男がいるんじゃなくて、信じようって女が決めるかどうか、それが問題なのよ」

お〜。唸りました。かっこいい。そうなのね。そこだったのね。どちらにせよ、女は潔くなきゃいけないんだなって思った。仮に裏切られたと感じたなら、そこは素直に認めて次へゆくと。
ちなみに私の中で潔いイメージの芸能人は、友近。友近って、芸人としても女性としても楽しんで生きているように見える。私が男だったら、原田知世よりも、友近と付き合いたい。

クミ先生→http://www.youtube.com/watch?v=M5vspHAWwso

なんか、女性に生まれて来たからには、あー私って、女の子なんだよな♡って感じるような事(お化粧、可愛いお買い物、恋etc..のいずれか)を忘れてはいけないと思った。それらをしている瞬間、脳はきっと喜んでいて、肌がツルツルしたり可愛い声になったりする訳で。
それで誰かに、「お、今日は肌ツルツルしてるね!」とか「その服君に似合ってるね」なんて言われたら、ますますキレイになるはず。この素晴らしきビューティサイクル。

パジャマで家に居ると、自然と声もダミ声に……。いかんいかん!

さてさてお化粧でもしましょうか。
[PR]
by kuu_so_pot | 2008-01-19 14:38

ひまなので

最近観た映画。

「恋愛睡眠のすすめ」
これは私好みの映画。自信の無い男の子が、隣の部屋に引っ越して来た女の子に恋をして、更に夢の中で勝手な妄想で恋をして、勝手に終わらせようとして、でも…って話。この勝手に悪い方に考えて、終わらせようとする感じ、わかる〜って思った。怖いんだよね。可愛くて心細くてあったかい気持ちになる話。

「クレールの刺繍」
17歳のクレールは、スーパーで働きつつも、倦怠を感じる毎日を送っている。刺繍をすることが唯一の楽しみ。そんなある日、クレールは妊娠したって話。クレールが、自分を受け入れるまでの葛藤の話だと思うんだけど、主演の女優さん、ローラ・ネマルクが、主人公の少女と大人の間で移ろいゆく繊細な気持ちを、見事に表情で演じていた。刺繍の作品は、ため息が出るくらい綺麗でうっとり。クレールが刺繍をしているシーンもとてもいい。自分も何か創りたくなることまちがいなし。

さて暇なだけあって、読書も進む。

川上弘美「夜の公園」「東京日記・卵一個ぶんのお祝い。」
山崎ナオコーラ「浮き世でランチ」「指先からソーダ」
小川洋子「博士の愛した数式」
金原ひとみ「蛇にピアス」

この中でダントツ良かったのは、「博士の愛した数式」とても良かった。博士のことがすごく愛おしい気持ちになることまちがいなし。
[PR]
by kuu_so_pot | 2008-01-17 12:14

魔法

あけましておめでとう。

今朝、私が去年ひとめぼれした絵を描いている人から、展覧会のハガキがとどいた。その絵が素晴らしくて、観た瞬間、ファ〜っと元気になった。ずーっと観てても飽きなくて、静かな森のざわざわした音が聞こえるような、ちいさな生き物みたいな生命力に溢れている、本当に大好きな絵。

最近、なんだか元気が出なかったんだけど、この絵を見たら、そんなこと吹っ飛んでいった。こんなふうに人を元気にしてしまうなんて、魔法みたい。

リトル・ミス・サンシャインっていう映画を観た。最高!
元気がなくなって、自分に自信が持てなくなった時に観たら、きっとすごく勇気が湧いてくる話だと思う。「誰がなんて言って笑おうと、自分の踊りを精一杯踊ればいいんだよ。それが一番素敵なことなんだよ。そしてそれはきっと誰かに伝わるはずだよ。」って言ってくれてるような映画だった。

さあさあ、素敵なものを観たら、元気が湧いてくる!

誰かの気持ちが一瞬でもファーっと魔法にかかるような、そんなものが作れたら、幸せだな。

そんなものがいつか出来るようになりますように。2008。
[PR]
by kuu_so_pot | 2008-01-05 13:06